葉酸欠乏症

葉酸欠乏症とは?

言葉の通り葉酸欠乏症は、葉酸が不足した状態から引き起こされた疾病ですが、いったいどのような症状になるのでしょうか。

「巨赤芽球性貧血」という貧血症状がおこり、赤血球の容積が大きくなり、赤血球の働きである酸素を運ぶ機能が低下します。

葉酸欠乏症が巨赤芽球性貧血を発生させるので、母親はしっかり葉酸を摂ることが第一となりますね。

授乳期まで葉酸は一般の人より多めの葉酸を必要としますが、授乳期が終われば一般の人と同じ必要量になりますので、巨赤芽球性貧血が自然と治るようですよ。

葉酸欠乏になぜなるの?

要因は様々あり、ただ単に葉酸摂取量が少ないというわけではないようです

妊娠有無に関わらず体に必要な葉酸ですので、葉酸欠乏になる原因を知っておくと、妊娠中だけでなく出産後も葉酸不足にならない生活をおくれるのではないでしょうか。

葉酸欠乏症の原因

  • 偏った偏食による不足
  • 過度のアルコール摂取
  • 下痢
  • 血液透析(葉酸拮抗剤)
  • 小腸の病気や一部小腸切除による吸収し辛い障害

葉酸欠乏とその他疾病の関係

葉酸が少なくなると巨赤芽球性貧血になりますが、自覚症状として様々な症状があらわれてきます。

  • 下痢
  • 舌炎
  • 体重減少
  • うつ症状

貧血は潜んだまま進行していきますので、「そんなに貧血はひどくないから大丈夫」ではなく、意外と重度な可能性もあるので注意が必要なんですよ。

また、動脈硬化を併発する可能性が高くなるのが、葉酸欠乏症の恐ろしいところです。血液凝固因子であったり血管内皮細胞が影響を受けるため、動脈硬化の危険性がアップするんですね。

必読!妊活中~妊婦さんまで

「なんとなく」や「知名度」で葉酸サプリを選ぼうと思っていませんか?

あとで後悔しない。おなかの赤ちゃんのための【正しい】葉酸サプリの選び方

Copyright 2011-2017 よぅさんの葉酸サプリガイド All Rights Reserved.│運営情報