ママニック葉酸サプリの実力は?栄養素や成分は安心?

育児系雑誌でよく目にするママニック葉酸サプリ。
緑のロゴにピンクのハートのパッケージを見て「私と赤ちゃんに良さそう♪」と印象をもつプレママさんも多いと思います。

このページでは、ママニック葉酸サプリの実力を徹底検証。
栄養素や成分はもちろん、価格やお得に購入する方法まで詳しく調べました。

ママニック葉酸サプリってどんなサプリなの?

いまどきの葉酸サプリは、妊婦さんが1日に必要な葉酸400μg(マイクログラム)を配合していて当たり前。
もちろん、ママニック葉酸サプリも400μgです。

そのうえで、特徴的なことは次の3つ。

  • 葉酸+47種類の栄養素(計48種)
  • 栄養機能食品(ビオチン)
  • 乳酸菌入り

乱立する葉酸サプリの中でも、配合している栄養素の種類はトップクラスの多さといえます。
妊娠中は、ママの栄養を赤ちゃんと分けるので、栄養素をまんべんなく摂取することが大切です。

栄養機能食品表示されているビオチンを妊娠中に摂ると、2つのメリットがあります。

  • 補酵素として亜鉛と一緒にDNA合成にかかわっているので、赤ちゃんの発育促進と先天性疾病の予防
  • コラーゲンの合成を促進する働きがあるので、肌が荒れやすい妊娠中の美肌ケアに。

しかも、ビオチンは葉酸と相性が良いんですよ。

ママニック葉酸サプリの栄養素

どんな栄養素が入っているのか、さらに詳しく紹介していきます。

葉酸+47種類(計48種類)の含有栄養素を細かく分けるとこのようになります。

ミネラル(14種類)

カルシウム・鉄・カリウム・マグネシウム・銅・亜鉛・モリブデン・ヨウ素・ナトリウム・マンガン・リン・クロム・セレン・コリン

ビタミン(12種類)

葉酸・C・B1・B6・B12・D・E・K・ビオチン・ナイアシン・パントテン酸・βカロチン

アミノ酸(3種類)

ロイシン・イソロイシン・バリン

美容成分(8種類)

乳酸菌・ツバメの巣・黒酢もろみ・発酵黒たまねぎ・ざくろ・ライチの種・いちごの種・ヒアルロン酸

野菜(11種類)

大麦若葉・ケール・さつまいも・ほうれん草・かぼちゃ・にんじん・桑の葉・大葉・ほか3種(すべて国産)


葉酸は、厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸型を400μg配合しています。
葉酸サプリに含まれて当たり前になったカルシウム(250mg)と鉄分(10mg)も1日の必要量の半分近くあるので、赤ちゃんの成長をサポートしてくれますよ。

添加物は、着色料・香料・人工甘味料・保存料・膨張剤が無添加です。

ママニックの価格【最安値で買う方法】楽天やアマゾンと比較

ママニック葉酸サプリは、楽天やアマゾンでも買えます。

↑楽天の販売ページ

↑アマゾンの販売ページ

楽天では税込4,200円、アマゾンでは税込5,400円ですが、公式サイトで定期購入すると税込3,780円で最安値です。
しかも、15日間の返金保証がついてくるので「飲んだけど気に入らなかった」「やっぱり辞めようかな」と思っても返品できるので損しません。

ただし、単品で買うと公式サイトとといえども税込5,400円の定価販売になるので気を付けてくださいね。
葉酸は、本来なら母乳での授乳が終わるまで飲み続けるのがベターなので、定期購入でも問題ないと思います。

ママニック葉酸サプリについて

葉酸: 400μg
価格: 3,500円(定期購入)
内容量: 1か月分(120粒)
主な栄養素: カルシウム、鉄分、亜鉛を含む合計48種類のビタミンミネラルなど
特徴: 栄養機能食品

効果が実証された葉酸サプリ
ママニック葉酸サプリ

Copyright 2011-2017 よぅさんの葉酸サプリガイド All Rights Reserved.│運営情報