葉酸サプリの正しい選び方※ドラッグストア販売品に注意

ドラッグストアで数百円で売っている葉酸サプリメント。妊娠中に欠かせない葉酸をお手頃価格で補給できるので、気になっている銘柄があるかと思います。

ところで、

  • 有名メーカーだから
  • お手頃価格
  • ドラッグストアで売っていたからなんとなく

という理由で葉酸サプリを選んでいませんか?
この選び方は、ちょっと危険な落とし穴にはまるかもしれませんよ!

1,000円ぐらいで手に入る安い葉酸サプリは、合成葉酸を使用しています。
食べ物ではない物質から化学合成して作った葉酸を配合しているのですね。

この合成葉酸、実は石油から作られているんです。
「えっ。。。」と思いますよね?
確かに、あまり気持ちいいものではありませんね。

なぜ、合成葉酸が使われるかというと、安く大量生産できるのでメーカーにとって都合がいいから。
私たち消費者がお値段を気にしすぎたためといってもいいです。
その結果、食品以外の原材料に添加物をたっぷり加えたサプリメントが流通してるワケです。。

葉酸サプリメントの原材料に注目!

摂取したものはお腹の中の赤ちゃんに届きます。
生まれてくる子供に石油を飲ませたいと思う母親はいませんよね。
まして、あなた自身も飲みたいと思わないハズ。
葉酸サプリ選びでは、何から葉酸が作られているのかチェックすることが必須です。

そのためには、原材料表示を必ず確認して選ぶようにしてください。
見分け方はカンタン。
「葉酸」と書いてあるものが合成で、食物などの素材名だけが書いてあるものが天然です。

それでは、合成葉酸と天然葉酸の表示の違いを実例で紹介します。


合成葉酸の表示

P社(赤ちゃん用品総合メーカー)
マルチトール、貝カルシウム、微結晶セルロース、ピロリン酸鉄、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB12、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンD、葉酸

D社(有名美容健康メーカー)
ビタミンB6、ビタミンB2、葉酸、ビタミンB12、麦芽糖、デキストリン、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル

どちらも、ドラッグストアで売っている葉酸サプリです。
一見、体に悪いことがまったく分かりません。
それに、合成葉酸と分かる記述も一切ありません。
しかし「葉酸」とあるものは石油などから作られた合成葉酸。
ちなみに、ビタミンBなどの表示も合成です。


一部合成葉酸の表示

ベルタ葉酸サプリ
酵母、黒酢もろみ、ツバメの巣、コラーゲン、プラセンタ、キャベツ、ごぼう、玉ねぎ、にんにく、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、カボチャ、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、ゴーヤ、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト、貝殻カルシウム、セルロース、クエン酸第一鉄ナトリウム、葉酸、ステアリン酸カルシウム、クエン酸、ビタミンB6、珊瑚カルシウム、ビオチン、B-カロテン、ビタミンC、ナイアシン、ビタミンE、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB1、ヒアルロン酸、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12

食物の素材名が並んでいますが、途中に「葉酸」の文字がありますね。
こういうサプリは、天然と合成を混ぜて作られています。


天然葉酸の表示

オーガニックレーベルの葉酸
乳糖果糖オリゴ糖、野菜末(大麦若葉、ケール、ブロッコリー、南瓜、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、トマト)、乳糖、ミルクカルシウム、酵母、キヌア発芽末、海藻末、植物発酵エキス末、ナタネ油脂末、ショウガ末、マカ末、大豆胚芽末、タンポポエキス末、ローヤルゼリー末、ザクロ果汁末、高麗人参エキス末、ルイボス茶エキス末

美的ヌーボ
海藻セルロース、公募、小麦胚芽抽出物、大豆抽出物(遺伝子組み換えでない)、トウモロコシ抽出物(遺伝子組み換えでない)、人参抽出物、海藻抽出物、バラの実抽出物、アセロラ抽出物、魚肝油、カキガラ抽出物、サンゴ抽出物、卵抽出物、パセリ抽出物、アルファルファ抽出物、水ガラシ抽出物、アカシアガム

食材の名前がたくさん並んでいます。
これは、食べ物から葉酸を抽出していますという証明。
野菜など食べ物の名前が原材料に記載されているものが天然葉酸で作られたサプリです。


このとおり、合成葉酸と天然葉酸のサプリは、原材料表示を見比べると一目瞭然です。

ちょっと待って!合成葉酸は国が推奨しているんです!

厚生労働省は、合成の葉酸の摂取を推奨しています。
天然ではなく、合成です。それはなぜか?
実は、体に入ってから養分として使われる量に違いがあるから。

天然の葉酸は、摂取量の50%しか体の中に取り込むことができないとされています。
一方、合成は70~80%を取り込むことができるんですね。
そのため、より確実に葉酸を摂取できる合成の方を国が推奨しているというのが事実です。

合成には、栄養成分がしっかり担保されているメリットもあります。
そのため、葉酸以外のカルシウムなどの栄養素も○mg配合と明記できるんです。
その代わり、過剰摂取すると喘息やアレルギーもちで生まれてくるリスクも指摘されています。
そして、店頭販売の安価品は、添加物もたっぷり。

天然は、葉酸の吸収率が劣るのは紹介したとおり。
素材の収穫時期によって含有栄養素量が変わるので、葉酸以外の栄養素がどのくらい含まれているのか分からないのも欠点です。
しかし、食べ物を口にしているというなにごとにも代えがたい安心感がありますよね。
ママの栄養が赤ちゃんにいきますので。

メリットとデメリットをまとめますね。

合成

  • 葉酸の吸収率が高い
  • ほかの栄養成分もしっかり摂りやすい
  • 過剰摂取で赤ちゃんが喘息のリスク
  • 添加物たっぷり

天然

  • 安心感バツグン
  • 食べられるものだけでできている
  • 葉酸の吸収率が低い(とはいえ食事より多く摂取できる)
  • ほかの栄養成分量が時期によって変わる

葉酸サプリメントの正しい選び方

とにかく、ドラッグストアで手に入る安価な葉酸サプリは、添加物たっぷりの合成物がほとんど。
添加物が多い理由は2つあり、安く作るためと賞味期限を長くするため。

添加物を減らすと、賞味期限が短くなるので店頭販売は難しくなりネット通販でしか買えなくなりますが、カラダには優しくなります。
そのため、本当に安心して飲める葉酸サプリは、通販でしか手に入りません。

そして、選ぶときは、合成か天然かで選ばずに、添加物の有無で選ぶのが賢い選び方といえます。
なぜなら、一般に売られている薬も合成成分でできていますが、体に有用な働きをしてくれています。
しかし、一部の添加物は体に悪いことはハッキリしています。

このことから、葉酸サプリを選ぶときは、なるべく無添加であることが第一条件
そのうえで、

  • 100%天然成分
  • 合成と天然でイイトコどり

のどちらかを選ぶのがベストです。

※喘息やアレルギーの原因は、石油なのか添加物なのか明確にされていません。
無添加ならリスクも減ると考えることができるでしょう。

食べ物だけで作られている安心感が欲しいなら100%天然成分の葉酸サプリを、葉酸もほかの栄養素も確実に摂りたいなら合成と天然のミックス。
どちらを選ぶにしても、必ず「無添加」であること。葉酸サプリ選びは、そこが大事です。

おなかの赤ちゃんのためにも。

ドラッグストアなどで売っている格安サプリの大半は、化学合成&添加物たっぷりのサプリメントです。
しかし、日本はサプリメント後進国なので、こういった事実が広まっていないし、原材料表記の正しい見方が広まっていないためカラダに良いものと誤解してしまいますよね。
葉酸サプリメントは、なるべく無添加ものを選びましょうね。

無添加で天然と合成
ベルタ葉酸サプリ

価格: 税込3,980円(送料無料)
内容量: 1か月分(120粒)
主な栄養素: 葉酸400μg、カルシウム250mg、鉄分15mg、27種類のビタミンとミネラルなど
添加物: 無添加・無香料

belta葉酸サプリを調べてみました


100%天然成分
オーガニックレーベルの葉酸

価格: 初回実質無料
内容量: 1か月分(60粒)
主な栄養素: 葉酸400μg、カルシウム、鉄分、亜鉛、43種類のビタミンやミネラル
添加物: 無添加・無香料

オーガニックレーベルの葉酸

Copyright 2011-2017 よぅさんの葉酸サプリガイド All Rights Reserved.│運営情報