二分脊椎

二分脊椎症とは?

おなかの赤ちゃんが誕生しても、全ての赤ちゃんが正常に生まれてくるとは限らず、先天性異常を持って生まれくる赤ちゃんもいますよね。

二分脊椎症とは、神経管閉鎖障害という先天性異常の一つとなります。

妊娠初期に細胞分裂を行って脳や脊髄など中枢神経系を構成して時期に、この中枢神経系である神経管の下部に閉鎖障害が起こることを二分脊椎といいます。

脊髄の神経組織が脊髄骨に覆われているのが正常なのですが、二分脊椎の場合は覆われておらず神経組織に障害がうまれるのです。

そのため、下肢である足に運動障害がおきる、感覚麻痺がおきる、おしっこやうんちなどの排泄障害がおこるなど様々です。

脊椎の一部分が構成されていない状態を指す二分脊椎症ですが、中には神経障害を伴わない二分脊椎症もあります。

通常はなにかしらの障害を伴う状態を二分脊椎症とし、開放性二分脊椎と潜伏性二分脊椎の2つに分かれます。

開放性二分脊椎

脊髄の神経組織が脊髄骨に覆われておらず飛び出している状態

潜伏性二分脊椎

神経組織が脊髄骨に覆われていないが、その部分に正常な皮膚が覆っている状態

二分脊椎症の合併症

二分脊椎症には障害レベルがあり、重い場合もあればほとんど支障がないこともあります。

しかしレベルに関係なく二分脊椎症になると、多くの合併症を発症することがありますので、ここで紹介しておきますね。

合併症の例↓

水頭症

二分脊椎症を発症している場合の7~8割が引き起こします。かなりの割合となり、脳内に脳脊髄液が溜まり過ぎ脳を圧迫してしまう病気です。

足の変形

二分脊椎症でも足の変形が多く見られます。股関節や膝関節が変形し、歩き出したら変形の進行が早くなってしまいます。装具をつけて進行を防ぐ方法をとることが多いようです。

ラテックスアレルギー

天然ゴムに含まれる成分のラテックスにアレルギー反応を起こします。二分脊椎症を発症している人の3~5割が引き起こしているようです。アレルギーショックを起こした場合は、命の危険性もありますが、ラテックスを避けるよう注意すれば予防することができますよ。

ちなみに、二分脊椎の赤ちゃんの半分以上が、水頭症を合併してしまうことも知られています。
水頭症になると、脳や脊髄の脳脊髄液がうまく循環しなくなり、脳圧が上がって、脳神経に障害を引き起こしてしまうんです。

そのため、二分脊椎症を持って生まれてしまったら、出生後スグに手術が必要。
脳神経外科、小児外科、泌尿器科、整形外科、リハビリテーション科、眼科、皮膚科、内科など、トータル的な治療が必要になってきます。
そうならないためにも、葉酸をしっかり摂ってくださいね!

必読!妊活中~妊婦さんまで

「なんとなく」や「知名度」で葉酸サプリを選ぼうと思っていませんか?

あとで後悔しない。おなかの赤ちゃんのための【正しい】葉酸サプリの選び方

Copyright 2011-2017 よぅさんの葉酸サプリガイド All Rights Reserved.│運営情報