葉酸で赤ちゃんが喘息になるウソとホントの正体

妊娠中に、ママが葉酸を1日あたり1000マイクログラム以上の過剰摂取すると、お腹の中の赤ちゃんが喘息になる可能性があるという話を聞いたことは、ありますか?

これは本当のことなのか?妊婦さんは気になりますよね。その答えは、本当です。本当というからにはちゃんと根拠があります。

実は葉酸には、サプリメントでできている合成葉酸と、食物の中に含まれる天然葉酸があります。実際に海外の研究者の実験結果に、妊娠後期に毎日1000マイクログラムの合成葉酸を摂取によって、胎児の喘息になる確率が上がったというデータがきちんとあるとのこと。

でもそれは、合成葉酸はダメだけど、天然葉酸は大丈夫、ということではないんです。合成葉酸でも、天然葉酸でも、妊娠後期に大量に葉酸を摂取するのがよくないそうです。私は、この「妊娠後期に」という時期も、また胎児の喘息になる確率をあげてしまう重要なポイントかなと思います。

ちょっと多めの葉酸摂取の影響は?

葉酸を1日の上限量の1000マイクログラム以下の量でも、基準値(400マイクログラム)より多めに摂ってしまっていると「お腹の赤ちゃんが喘息になる確率があるのかも・・・」と思うことがあるかもしれません。これは、間違いです。

国が定めている過剰摂取は1000マイクログラム以上です。これを超えた場合は喘息になるリスクがアップするとされていますが、それ以下については研究結果はありません。

そもそも天然の葉酸は、水や熱に弱かったりでなくなりやすいんです。調理中にどんどん減っていくんですね。だから妊娠初期に、胎児の神経管の障害発症のリスクを減らすために、サプリメントで補充したりしてますしね。

このことからも規定量の合成葉酸であるサプリメントを飲んでも、1日の葉酸摂取量が1000マイクログラムをこえることは、まずないんです!

あるとすれば、規定量を守らず、サプリメントをたくさん摂って、それに食事からの葉酸もプラスされた・・・ということかなと。まれに1日2日、そのようなことがあっても毎日じゃなければ、それは過剰摂取とはいわないと思います。

大事なのは、決められた量をきちんと守ること。それさえちゃんとしていれば、葉酸はお腹の赤ちゃんに害はない!私はそう思います。

必読!妊活中~妊婦さんまで

「なんとなく」や「知名度」で葉酸サプリを選ぼうと思っていませんか?

あとで後悔しない。おなかの赤ちゃんのための【正しい】葉酸サプリの選び方

Copyright 2011-2015 よぅさんの葉酸サプリガイド All Rights Reserved.│運営情報