葉酸と鉄分をしっかり補給※妊婦の知恵袋

葉酸サプリに鉄分が配合されているワケ

妊活中の人や妊娠中の人は、葉酸と鉄が一緒になったサプリメントをよく見かけませんでしたか?
私は妊娠中にこのようなサプリメントを見かけて、このタイプを買いました。それは葉酸と鉄分が妊活中、妊娠中に必要な栄養素だからです。

葉酸は胎児の神経に障害が出るリスクを低くすると言われています。そして、赤血球を作るのに必要な栄養素でもあります。葉酸が不足すると赤血球も不足。赤血球が不足すると貧血が起こる。鉄分が貧血予防に良いのは知っている人も多いですよね。だから葉酸と鉄分は一緒に摂った方が効果的なんです!

そもそも鉄分はミネラル。体内での鉄分の働きは、血液中で赤血球のヘモグロビンの成分になって酵素を運ぶ。ヘモグロビンとは赤血球中の大部分を占めている血色素のこと。その他に、貧血を予防する、疲労回復になるなどの働きがあります。

妊娠中に鉄分が必要なワケ

では、なんで妊活中や妊娠中は特に鉄分が必要になってくるのか?
それは妊娠中は貧血になりやすいからなんです!

妊娠中はママだけじゃなく、赤ちゃんにたくさん酵素や、栄養を運ぶために血液の量が増えます。でも、それと同時に赤血球の量は増えないんです。妊娠中にママが摂った栄養は、赤ちゃん優先に働くので、鉄分も赤ちゃんに送られ、赤血球の少ないママが貧血になってしまうというわけです。

貧血が重症化するとママの体調に悪影響を及ぼし、赤ちゃんに送る栄養や酵素が足りなくなる恐れが。また、ママ自身も貧血による立ちくらみなどで転倒してしまう危険性もありますよね。まして出産は体力を使う大仕事!貧血なんて起こしてられません。だから妊娠中は、特に鉄分が必要なんです!

2種類の鉄分と貧血予防

鉄分についてなんですが、2種類あることを知っていますか?
それは、ヘム鉄と非ヘム鉄です。

ヘム鉄は、肉や魚などの動物性の食品に含まれる鉄分。牛や豚の肉、レバー、カツオ、ブリまぐろなどに多く含まれ、体内への吸収率が20%と比較的吸収されやすいです。

そして、非ヘム鉄は植物性の食品に含まれる鉄分。大豆食品、ひじきなどの海藻、小松菜、ほうれん草などに含まれ、こちらは体内への吸収率が悪く、3%前後しかありません。ヘム鉄の方が吸収率がいいですが、鉄分はビタミンCと一緒に摂ることで吸収されやすくなるので、覚えておきましょう。

妊娠中期以降は、鉄分が普段の2倍必要とも言われています。それだけお腹の赤ちゃんも鉄分を欲しがってるということですよね。また、妊活中に必要量の鉄分を摂って万全の状態で妊娠をむかえることも大切。ただでさえ妊娠初期は、悪阻で思うように食事から栄養が摂れませんから・・・。このような場合は、積極的にサプリメントで栄養を補給しましょう!

私自身、妊娠中はサプリメントで栄養を補給することで、貧血になることはありませんでしたよ!妊娠中は葉酸と鉄分をしっかり摂って、ママも赤ちゃんも元気に過ごしましょう!

必読!妊活中~妊婦さんまで

「なんとなく」や「知名度」で葉酸サプリを選ぼうと思っていませんか?

あとで後悔しない。おなかの赤ちゃんのための【正しい】葉酸サプリの選び方

Copyright 2011-2017 よぅさんの葉酸サプリガイド All Rights Reserved.│運営情報